緊急告知
第5次不動産ブーム到来!の可能性が高まりました!!
自民党安倍政権発足で「金融緩和政策」により、第5次不動産ブーム到来の可能性が高まりました。
その対策とは?⇒ >>第5次不動産ブーム到来<<

『光速』収益不動産投資をするなら、今が絶好の好機!TOP > 実践するうえで重要なポイント > 投資戦略の組み換え

投資戦略の組み換えについて

 
高いキャッシュフローを活かして、一部繰り上げ返済など融資返済を進めていき、出口戦略を有利にしておくのがとても重要になります。

たとえば、1億円で購入した収益不動産があったとします。

仮に5年保有し、融資返済も積極的にすすめ、6年目の融資残債が7,000万円だとしましょう。

この時、この収益不動産が9,000万円で売れたとします。

1億円で購入し、9,000万円での売却なので、損したように思えますが、残債が7,000万円なので、売却後の手取りキャッシュフローは、プラスの3,000万円です。

さらに、不動産市況が好転し、1億2,000万円で売却ができたとすると、売却後の手取りキャッシュフローは、5,000万円にもなります。

今度はこれが自己資金となり、資産価値重視型の例えば東京都心エリアなどへの資産価値重視型への投資へ組み替えていくことが可能となります。

このように、高いキャッシュフローを活かし、場合によっては出口戦略実現したうえで、今度は資産価値重視型の投資戦略に組み替えていくのがお勧めです。




>>第5次不動産ブーム到来とは?<<




   >>頭金「ゼロ」でできる、『光速』収益不動産投資成功法は、こちら<<



 

実践するうえで重要なポイント記事一覧

出口戦略

『出口戦略』「キャッシュフロー重視型」の投資戦略を実践する場合、必ずしも「資産価値重視」とはなりません。この二つの戦略を同時に満足させることは非常に難しいのが現状で...

投資戦略の組み換え

高いキャッシュフローを活かして、一部繰り上げ返済など融資返済を進めていき、出口戦略を有利にしておくのがとても重要になります。たとえば、1億円で購入した収益不動産があったとし...







一発鑑太郎![AIR-IK]使い方の裏ワザ 絶対成功!区分不動産投資法 間違いやすいポイントはココです。
CFDはレバレッジ商品