緊急告知
第5次不動産ブーム到来!の可能性が高まりました!!
自民党安倍政権発足で「金融緩和政策」により、第5次不動産ブーム到来の可能性が高まりました。
その対策とは?⇒ >>第5次不動産ブーム到来<<

『光速』収益不動産投資をするなら、今が絶好の好機!TOP > 第5次不動産ブーム > 第5次不動産ブームとは?

第5次不動産ブームとは?について

 
住宅




わが国では戦後4回の不動産ブームがありました。

  • 1960年代初頭の池田内閣の「所得倍増計画」

  • 1970年代田中首相の「日本列島改造論」

  • 1980年代後半から1990年代初頭の「平成バブル」(中曽根首相)

  • 2003年以降のファンドバブル(小泉首相)

です。

共通するのは、どの時代も・・・

  • 強い国のリーダー

  • 政治の安定

  • 不動産刺激策


に当てはまることです。
では今回は・・・

  • 自民党安倍首相での選挙大勝

  • 連立政権の安定多数

  • 震災復興と国土強靭化政策

  • 金融緩和政策


まさにピッタリ一致しています。

・・・ということは・・・
2013年以降かなりの確率で「第5次不動産ブーム」が到来すると考えられるのです!


>>第5次不動産ブームへの対策とは?<<




   >>頭金「ゼロ」でできる、『光速』収益不動産投資成功法は、こちら<<





 

第5次不動産ブーム記事一覧

不動産は余っているから値上がりしない?

わが国は、少子化に伴う人口減少で、不動産マーケットは縮小傾向、と言われています。確かに、わが国の住宅は、すでに世帯数を上回っており、13%超が空家となっています。 ...

第5次不動産ブームとは?

わが国では戦後4回の不動産ブームがありました。1960年代初頭の池田内閣の「所得倍増計画」1970年代田中首相の「日本列島改造論」1980年代後半から1990年代初...

第5次不動産ブームへの対策とは?

不動産ブームで唯一のデメリットは?・・・乗り遅れると大きく損をしてしまうことです。不動産が全般的に値上がりし、物件時代も品薄になり、気が付いたときには投資対象が残っ...







一発鑑太郎![AIR-IK]使い方の裏ワザ 絶対成功!区分不動産投資法 間違いやすいポイントはココです。
CFDはレバレッジ商品